「引越しソバ」というものとは新しい土地に越し

「引越しソバ」というものとは新しい土地に越して来た時に近くの家の人にご挨拶として配って回るものです。
私も一回もらったことが確かにあります。
細長いソバのように、末永いご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。という感じの意味合いがあるようです。
先日、土日を使って引っ越しました。
引っ越しを終えた日に入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」と実感がわきました。
その後、思い切って奮発し、いつもならとても手が出ないピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインでみんなでささやかな乾杯をしました。
まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。
引っ越し時に重要な点は、耐久性のない物を入念に梱包するという点です。
電化製品で箱がついてるなら、問題ないです。
しかし、箱を処分してしまったとしても多いことと思います。
そんな事態には、引っ越しのプロの方に荷造りしてもらうと間違いないです。転居するのが好き、という方でなければ、人生の中でも、引っ越しというのは生活が大きく変わるきっかけでしょうが、それにまつわる想定外の事態もあっておかしくありません。
とりわけ、ただでさえ大変な引っ越し当日、いろいろな仕事が集中したときにどこかに番狂わせが起きると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。
くれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。
就職して、通勤に便利なところでアパートで一人暮らしを始める時、部屋に持ってくる荷物が少なくて、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラックを使って自分で運ぶよりも相当安かったのを覚えています。
寝具や生活雑貨は後から新しく買うことにしていましたから荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。
近い場所への引越しの際は、大手の引越し業者に比べ、地域の引越し業者の方がいい時もあるんじゃないかなと思います。地元密着型の引越し業者というのは、料金が安くて細かい要望にも対応してくれるところが多いです。
実際、自分で運べるような荷物は自分で済ませてしまって、大型の家具、家電を中心に引越し業者に依頼すると、引越し費用を節約できるかもしれません。
引越しする際の一括見積もりを利用するのは初めてでした。
多数に問い合わせする手間がかからなくて、とても楽でした。問い合わせ後、いくつかの引越し業者から、伺って見積もりしたいと連絡がきました。
ブッキングしないようにすり合わせるのが難しかった。
私は引っ越し時に、自宅にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。
衣服や家具など、いろんなものがありました。業者さんに自宅まで足を運んでもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。そうすると、思いもよらない査定額となりました。私の不用品が、お金へと変わったのです。
すごく嬉しかったです。
今度引越しをすることになりました。住所を変更する手続きに伴い、どうも車庫証明を取り直さなければならないらしいです。
実家にいたときは、こういったわずらわしい手続きは全て父がしてくれていました。
なのに、父はしんどいだとか、大変だとか一度たりとも言ったことはない気がします。やはり一家の父という立場は偉大なんですね。
引っ越して、住所が変更したら、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。
ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。必要なものは、国民健康保険証、印鑑、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きに行きましょう。同じ市からの引っ越しでも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。どのような場合でも必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。
引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。
スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、不要になったダンボールをもらえるはずです。そうなるとサイズが揃わなくなります。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同じサイズでなければよく考えて崩れないよう積んでいってください。
エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。
ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、物件を管理をする立場の人に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるのが良いです。
その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。
こういった場合ですと撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。
引っ越し先がごく近距離であれば家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。
自家用車を使って、運べるだけの荷物は何度も時間をかけて新居に運び入れます。
時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことでたくさんの荷物を運ぶことができます。
大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、運送してしまうと良いです。
この方法を実行できれば、費用はかなりコストカットできるでしょう。
新しいわが家に引っ越しした際には、お隣さんに挨拶しに行きました。
ちょっとしたお菓子を買い込み、のしはつけずにお渡しました。初体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームというものはこの後、ずっと住み続けるところなので、お隣の家とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に出向いたのです。
引っ越しの前にすることとして、誰でも必須なのが転出届を提出し、転居を公にすることです。複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所の窓口に提出します。郵送で送ることもできます。
忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。
この手続きは、転居する2週間前くらいからできるようですので、確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です