僕は去年、単身赴任の引越しをさせていただきました。

僕は去年、単身赴任の引越しをさせていただきました。
私の会社員生活において初の単身引越しでした。
会社の決まりで複数の企業から見積書を取り、一番安い業者を選ぶのですが、赤帽が最も安いという結果になりました。

最初は不安があったものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次の引越しでも赤帽に依頼したいなぁと思いました。
マンションやアパートですと、今では隣や上下に住んでいるのはどんな人か、はっきりしなくても何とかなるというのが当たり前のこととして受け入れられています。そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、災害など、大変なことがあれば助け合えるような関係は必要だと言えます。
関係作りの最初の一歩として、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶をすることがポイントになります。
引っ越し業者を使わずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合はできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って要領よく梱包していく、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。
一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。
結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。
専門の業者にお願いした引っ越しを初めてすることになり、電話では本当に緊張していました。
ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもお願いしたいというのが率直な気持ちです。引っ越しそのものについては実は嫌いではないのですが、たとえば国民健康保険等の住所変更などで、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きを行わなくてはいけないことが、面倒に思います。こういういろいろな手続きだって、インターネット上からアクセスしてささっと自宅で済ますことができるようになればすごくいろんな意味で助かるのに、と思います。
新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。
運転はほとんどしないからということで、次の免許更新の時が来るまで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。
例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。
住所変更はなるべく早めに済ませておいた方が良いでしょう。
いよいよ年金生活というと、生活の大きな変化を余儀なくされます。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。
今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。
とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払い続けられるかが問題になってきます。もっと負担の少ないところに引っ越すのも賢明な選択だと言えます。
引っ越しの準備はいろいろありますが、全ての手続きの元になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。転出届を出すのは簡単です。
自分が現在住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵送でも手続きできます。
それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることができる市区町村が多いようです。
引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから最重要項目の一つでしょう。
水道を使えるようにするのは、いつぐらいがベストかというと、これは、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。そしてその上で、何かと困ることのないように、だいたい、転居してくる約一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。
部屋の階数、荷物の個数、更に、作業をする人員の数などによって全く変わってくるものです。
そこをかなり無理矢理、計算してみますと、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、普通より、かなり荷物の多い家族であるなら2時間を越えるくらいで、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。大がかりな引っ越しをするときには、結局は当日やらなければならないことが多く、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。
まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは忘れずにやっておいて、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他の荷物と一緒にならないようにし、すぐ使えるようにしておくと楽です。
自分の周囲に大変な数のものがある生活をしている方がいるとすれば、その方の引っ越しを困難にしているのは全て荷造りできるのかということです。ものの多さの余り、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえばもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これを一つの契機として処分に専念すれば一番楽なのは自分自身です。
引越し先で近所の家へ挨拶に行くのなら、引越しを始めた日に行った方が喜ばれると思います。
引越しの騒音などで、迷惑をかけた謝罪も兼ねて、しっかりと挨拶をしておきましょう。引越しを始める前に、ちょっとだけ挨拶をしておくのもいいかもしれません。
どちらにしても、できる限り早急に挨拶に行った方が、近所付き合いがうまくいきます。
通常では、引越しに追加料金を取られることはありません。
しかしながら、それは、あらかじめ引っ越し業者の見積もりをしていた場合や自己申告した荷物量がきちんと正しかった場合です。
引っ越し業者は、トラックそのものの大きさや作業の時間で引越し料金を、はじき出しています。
もし、大幅に上回ってしまう場合には、追加料金が発生するでしょう。今から数年前に、自宅を新築してマンションから引っ越しました。
何といっても、デスクトップパソコンの移動に全力を尽くしました。引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。画像データが全てパソコンのドライブ内にあったため、運ぶときの衝撃でデータが壊れないようにクッション材はたっぷり使いました。
業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です