東京から埼玉へ住まいを変えたとき、

東京から埼玉へ住まいを変えたとき、予定がぎっしりとしていたため、荷造りに一苦労でした。
転居日は前もって決まっていたのに、荷物がまとまりません。
終わりが見えなくてどうしようかと不安で仕方がありませんでした。
とどのつまり、友人に三千円を譲渡して、助けてもらいました。
引っ越しを終えたあとは、市役所でいくつかの手続きを行う必要があります。
後、その地区の警察に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを差し出すと、つつがなく手続きをしてくれます。手続きで変更された免許証の裏面には、新しい住所が乗ってます。引っ越しにかかる費用は、意外と安くなることが多いです。
私が引っ越した時もそうでした。
単身で運ぶ荷物が少ないということで、軽トラですむことになり、それに応じて費用が大きく下がりました。
しかも、荷物をまとめる作業もほとんど自分で行ったため、考えていたよりもずっと安くおさえることができました。引越しの前日に必要なこととして忘れるとまずいのは、冷蔵庫から水を抜くことです。
水抜きの方法を知らない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜いておくことです。
簡単なことですが、中を空にしてください。
さもないと、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかもしれません。
住処を変更すると、電話番号が現状のものとは変わることがあり得ます。同一市区町村内の転居の場合でも、収容局が変更になると、本来の電話番号が使用不可になるでしょう。
電話番号変更のメッセージを流すことも可能ですが、転居後の住所と変更後の電話番号も通達しておいた方がいいです。
引越しを業者さんに頼む場合衣類掛けにかかっているコートなどの衣服を前もって外して畳んだりしておくことは不要です。
業者がハンガーがかけられるビッグな段ボールを持ってきてくださって、それに投入したまま、トラックで移送してくれます。シワも付着しないので、痛み入ります。
私が住み替えたアパートはペットが飼育できないアパートです。しかし、このところ、お隣から猫の鳴き声が確認できるように感じ取りました。
大家もそれを気づいており、何回も、何回も、忠告をしたようですが、「飼養していない」と言うだけだそうです。
引越し終えると、必ずくるのが、新聞屋さんとNHKではないですか?みっちりと引越しを見ていたかのように迅速な対処ですよね。
最近は、ネットが当たり前なので昔に比べると断りやすいです。
ニュースはパソコンで見れますから、テレビを見なかったとしても、ぎこちなくありません。
これでNHKのお金は払わなくてすみます。
姉が今住んでいるアパートから育った家の我が家にまた住むことになりました。作業のため、私と母が、移動の前日に移動準備の手伝いに行きました。10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用な物のがびっくりするような事になっていました。不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、思ったよりも楽に引越できました。
引越しので、荷物をまとめる際に皿やグラス、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服に包んで荷造りします読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、思ったより量が多くなり、処分が困難です。
引越し作業がお終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、さらには紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です